中古車販売店のデメリット

品質やサービスの安定性がディーラーより劣る

中古車は主に、ディーラー、中古車販売店で買うことができます。ディーラーは自動車メーカーと特約店契約を交わしており、要するに、メーカーによって認められた「認定専門店」だといえます。したがって、複数メーカーの様々な中古車は販売していませんが、その分スタッフも取り扱い車種に精通していますし、部品もメーカー純正品を使用しているなど、専門店としてのきめ細かいサービスが可能なのです。 中古車を買う場合もディーラーならば、品質、そして買ってからの修理やメンテナンスといったアフターフォローが高品質で安心できます。その分価格は一般の中古車販売店より高くなります。しかし、品質やサービスの安定性においては、中古車販売店はディーラーに劣ってしまうのです。

中古車販売店にもいろいろある

一方の中古車販売店は、取り扱い車種の多様さ、価格の安さがメリットになります。ただし、基本的にその傾向はあるのですが、もう1点気をつけておくべきところは、中古車販売店も「いろいろ」だということです。 確かにメーカーとの結びつきがないので、中古車販売店は多様な車種を扱えます。しかし、入手ルートに乏しい店ですと、品数が少ない場合もあります。価格に関しても、ビジネスモデルが販売店それぞれですので、薄利多売の店もあれば、利益を大きくするために販売価格を上げている店もあります。店によって、差があるのです。そしてそれゆえに、「この車が欲しい」という強い意志がある場合は、中古車販売店を探し回るよりも、ディーラーに行った方が早いし安い、ということもあり得ます。

中古車のリースは、リース期間を1か月から3か月単位の短い期間で契約出来るので、効率的な利用が可能です。