ディーラーのデメリット

中古車販売店と比べて価格が高め

ディーラーは安定した品質が期待できる分、販売価格が高めに設定されている点がデメリットといえます。ディーラーで扱う中古車は、ちょっとした調整や修理にも純正部品を使用するのが一般的です。その分、安心して乗りやすいという面はあるものの、販売価格を抑えることはなかなか難しくなります。見えない部品にまで純正品にこだわる必要がないと考える人にしてみれば、なおさら高く感じるかもしれません。ディーラーで中古車を購入すると、さまざまな保証やアフターサービスがついてくることが多いことも、販売価格が上がる要因になっています。また、大幅な値引きをしないよう、メーカーから制限されていることも価格が高めになっている理由の一つです。

中古車の選択肢が限定されがち

ディーラーの場合、通常は扱うメーカーが1社に限定されます。そのため、いろいろな中古車を見て比較できないという点がデメリットです。まれに他のメーカーの中古車が置かれているケースも見られますが、下取りで買い取った場合などで、日常的に販売されているわけではありません。ディーラーは中古車より新車の販売が優先されるのが一般的で、タイミングによっては中古車の台数自体が少ないこともあるでしょう。そうなると、選択肢がますます限定されるのもデメリットです。ディーラーの中には、個別に中古車専門店を置くところもあります。しかし、レンタカーやリース車を対象としていることが多いため、車種に偏りが出やすいのもデメリットです。